もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

博物館でキノコについて学ぶ

朝から気温30度超。そして、昼前には気温35度超に到達しています。
外はモワモワした湿度で、肺に入る空気で気分が悪くなる状態(;´・ω・)

少しでも涼を得ようと博物館に行ってみました。
宇都宮中央公園に来るのも久しぶり。
f:id:moyashinet:20190811214949j:plain
公園の中は木が多いから少しはマシかと思いましたが湿度の高さはなんともなりませんでした。

 

 

博物館に到着。
企画展「キノコと地衣類」が開催されていました。
f:id:moyashinet:20190811215216j:plain
なんて魅力的な企画展なんだろう( *´艸`)

博物館に入るとプテラノドンがお待ちかね。
吊り下げられているプテラノドンがめちゃめちゃ大きい(原寸大らしい)のですが、せっかくなら背中に乗れるようにしたらもっと人気出ると思うんだけどなぁ( *´艸`)
f:id:moyashinet:20190811215347j:plain

さらに展示室に入ると恐竜の化石や復元模型が展示されていました。
キノコどこいった?と思いましたが、博物館では企画展の他にこういった恐竜が常設展示されているそうです。
f:id:moyashinet:20190811215521j:plain

キノコ展の展示室に到着。
しめじ(右下)しか分からない・・・
f:id:moyashinet:20190811215831j:plain

肝心の展示はというと、学芸員さんの伝えたい!という気持ちの伝わってくるとても分かりやすい説明文と展示構成になっていました。
f:id:moyashinet:20190811220227j:plain
長男くんや長女ちゃんはメモりながら楽しそうに見ていたのにもビックリです(^▽^;)

冬虫夏草の展示もありました。
虫に寄生するキノコですが、見ているだけで背中がゾワゾワしてくる感じが何とも言えなかったです(*´ω`*)
f:id:moyashinet:20190811220423j:plain
子どもの頃に行ったことのある博物館では、超難しい解説文付きのスゴク堅苦しい展示ばかりという印象がありましたが、栃木の博物館に行ってみて良い意味で裏切られました。
入館料も高くないですし、博物館の展示もちょくちょく確認して見に行くようにしたいと思います(*´ω`*)