もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

キャンピングトレーラーのスタッドレスタイヤ履き替え

けん引車のアウトランダーPHEVと同じタイミングで、キャンピングトレーラー用の冬タイヤも新調しました。

お店でトレーラーのタイヤの履き替えもお願いしようと企んでいたのですが、リフトアップできないために断られてしまい、久しぶりに自分で交換作業でした。
f:id:moyashinet:20191208210411j:plain
トレーラーをジャッキアップするの大変だからイヤなんだよなぁ…

 

 

新しくジャッキを買ってきました。
数年前に買って即死したジャッキは2トン用だったので、ワンサイズ上の2.25トン用にしてみました。トレーラーの片輪なんて2トンもあるわけがありませんので完全にオーバースペックです。とはいえ、自分でやることになるならコストコの3トンジャッキ買っておけばよかったとちょっと後悔です。
f:id:moyashinet:20191211092856j:plain

交換完了。
うちのキャンピングトレーラーでは、トレーラーをジャッキアップするにはフレーム奥(裏?)までジャッキを入れる必要があるのでスゴク面倒です。頑丈なフレームである反面、このときばかりはジャッキポイントがあるALKOフレームが羨ましい(^▽^;)
f:id:moyashinet:20191211093217j:plain

トレーラーのスタッドレスタイヤはアウトランダーPHEVと同じくダンロップのWinter Maxx SV01の175R14 8PRです。

キャンピングトレーラーのタイヤ交換でもう1つ注意しないといけないのはボルト締め付けのトルクですね。ヨーロッパ車らしくボルト留めなので、トルクをしっかりかけておかないと走行中に外れてしまう虞があります。反対にトルクの掛け過ぎはボルトを折ってしまう虞があります。
トルクレンチがあると安心ですね。
f:id:moyashinet:20191211093937j:plain

キャンピングトレーラーのボルトのトルクはまず110Nmで設定し、50~100kmほど走行した後に120Nmで増し締めすれば良いと言われていますので、まずは110Nmで締め付けました。週末に少し走らせて増し締めしたいと思います。
f:id:moyashinet:20191211094305j:plain

あとはタイヤの空気圧を調整(450kPa)して完了です。
f:id:moyashinet:20191211093217j:plain
●写真は空気を充填する前なので潰れてます

さて、これで雪の心配なく遊びに行けるようになりました( *´艸`)