もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

折れたメガネのフレーム修理(応急処置)

長男くんのメガネのフレームが折れたようで…
f:id:moyashinet:20210415212110j:plain
↑折れてたメガネを見せられたときはショックのあまり写真を撮り忘れた(ブロガー失格)
折れた部位的にはむしろ折ったの間違いじゃないか?と思ってしまうが…。

 

 

折れたと言われてもすぐに買い直しに行けるわけもなく、とりあえず応急処理です。
テントのポール(フレーム)が折れたときの処置を参考にして、絶縁キャップで折れた部分を繋ぎ、シュリンクチューブで固めます。
f:id:moyashinet:20210415212505j:plain

これですな(*´ω`*)
f:id:moyashinet:20210415213626j:plain
出典:ゆるキャン△(Amazon プライム・ビデオ

工業用のシュリンクチューブは収縮温度が高いので、炙っているうちにメガネフレームの材がちょっと溶けちゃった(^▽^;)
f:id:moyashinet:20210415213849j:plain
まぁとりあえずは部活の夜練(←激しいらしい)にも耐えたようなので、メガネ屋に行く時間がとれるまではこれで凌いでもらうことにします(^▽^;)


さすがにメガネの修理材料を持ち歩くことはできませんが、テントのリペアパイプ(リペアパイプ)はマストアイテムですよ(=゚ω゚)ノ
風の力だけでなく疲労骨折的に折れてしまう場合もあり、しかも往々にしてさぁこれからキャンプだ~!ってときに折れるので、保険代わりにペグケースに1~2本は入れておきたいアイテムです(4本で1,000円くらい、現地でテントを建てられずにレンタルするくらいなら安い保険料ですね)