もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

ディズニーの年パス値下げですね

オリエンタルランドから年パスの利用条件変更についてリリースが出ました。

これまでディズニーの年パスはブラックアウト(そもそも入場できない日)が無かったのですが、3月1日購入分からはイロイロと変わるようです。

ランキングに参加してみました~♪
ポチってしていただけると更新の励みになります( *´艸`)
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

変更点1.使用不可日の設定

2018年3月以降に購入した年パスでは、入場できない日が設定されます。

2018年
8月 12・13・14日
10月 6・7・8日
11月 23・24日
12月 8・9・29・30日
2019年
3月 28・29・30・31日
8月 12・13・14日
※9月、10月、11月は2018年7月に発表予定

いずれも混雑が予定される日、ということですが10月や11月の除外日を見る感じ3連休が対象になっていきそうで怖いです(2018年は初年ということもあってだいぶ緩めな感じがします)

変更点2.1パーク年パスも入園制限中の入場NG

2パーク年間パスポートでは入園制限中は入場NGという制限がありましたが、2018年3月販売分からは1パーク年パス(TDL年パス、TDS年パス)も入園制限中の入場ができなくなります。

変更点3.年パス引換券の有効期限が2か月に短縮

プレゼントなどに使われる、後日に年パスを発行するための引換券の有効期限が6か月から2か月に短縮されます。

変更点4.年パスの値下げ

これらの制限に対する措置なのか、年パスが値下げされます。
1パーク年パス(TDL年パス、TDS年パス)では一律2,000円引きとなり、大人・中人61,000円、小人39,000円となります。
2パーク年パスでは、一律4,000円引きとなり、大人・中人89,000円、小人56,000円となります。

まとめると・・・

1パーク(TDL、TDS)年パスは除外日NG+入園制限中の入場NG、2パーク年パスは除外日NGとなり、1パーク年パスのほうが制約が大きくなります。
それでいて、2パーク年パスのほうが値下げ幅を大きくしたことや、これまでのOLCの値付け方法を考えると、単純なお詫び値下げというわけではなく、2パーク年パス側に寄せさせたいという思惑があるんじゃないかな?と見受けます。
年間9回も行けばモトがとれるという年パスですから、行けない距離に住んでいると買うか買わないか悩みがつきません(*´ω`*)

とはいえ、うちは家族5人で24万(値下げ後)もするのか・・・(ノД`)・゜・。
子どもの年パス分の値段で、那須ハイなら家族5人分の年パス代になるのがさらに悩ましいところです(;・∀・)